葉酸の効果だけじゃもったいない!温活も同時にできる妊活サプリ

未分類

妊活されてる方がきになるサプリといえば葉酸ですね。葉酸は妊娠に必要な栄養素というのは広く知れ渡っていますが、もう一つ必要なのが温活なのです

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

身体を温めることで妊娠に近づけるかも!?

冷え性に悩む女性は多いです。それは、妊活中の女性も例外ではありません。

そして、冷え性が解消されてくると、妊活も卒業に近づいていきます。それはなぜなのでしょう?

女性の身体は男性よりも脂肪がつきやすくなっています。それは、赤ちゃんをおなかに宿したときに、子宮などの臓器を守る、つまり赤ちゃんを守るためです。しかしながら、脂肪は温まりやすく冷えやすい性質をもっており、日ごろから注意をしていかないと冷えやすい身体になってしまうのです。

身体が冷えると、リンパの流れ、血流、腸の動きなどあらゆる動きが滞ります。古い細胞を体外に排出し、新しい細胞を生み出す流れが弱まってしまうのです。月に一度の月経も子宮内の細胞の入れ替えといえますが、その働きも弱まってしまいます。

赤ちゃんを守るための脂肪も、身体を冷やさないように気をつけていないと赤ちゃんを宿すことの弊害となってしまうのです。逆に身体を温めるように気をつけていれば、脂肪はすぐに温まってくれ、妊娠しやすい身体へと変化していきます。

 

ショウガ葉酸で温まりやすい身体へ

身体を温めるには、運動や入浴など様々な方法がありますが、身体を作っているのはなんといっても食べ物です。身体を温めるには様々な食べ物がありますが、昔から定番な食材の一つにショウガがあります。古来より風邪を引いたときや冬場にはショウガ湯を飲む習慣があった日本人ですが、科学の進歩によりショウガは二種類の方法で身体を温めているということが判明しました。

まず一つは、ショウガオール、そして二つ目がジンゲロールです。二種類の異なる成分でより効率的に身体を温めています。

一つ目のショウガオールは、身体の深部、具体的には胃や心臓など働きかけ熱を生み出す効果があります。なので、ショウガオールが積極的にとることで熱を生み出しやすい身体に変えることができます。二つ目のジンゲロールは血流を促し、体内の血液を循環することで身体の中心にもった熱を末端へ運んでいきます。従って、手足の先を温める効果はありますが、逆に冷えた末端の血液を中心に運んでくるので体温自体は下げてしまうようなことも起こりえます。

一つ目に示したショウガオールは熱を加えることで抽出されます。特に蒸しショウガ製法という低い温度でゆっくりと加熱することでより良いショウガオールを抽出できます。そして、ショウガ葉酸には、その蒸しショウガ製法で生み出された最高のショウガオールが配合されているのです。

ショウガオールはとても繊細で壊れやすく、サプリメントに配合することが困難な成分です。しかし、ショウガ葉酸はショウガオールを大量に配合することに成功したのです。

まずショウガオール成分が多く含まれている高知県産の「黄金(こがね)ショウガ」を使用して製造していること、そして、さきほど紹介した蒸しショウガ製法を用いることで、より多くのショウガオール成分を1粒に配合することに成功しました。

ところが蒸しショウガ製法は、非常に時間がかかり管理も難しいのです。例を挙げるとすると、お茶やコーヒーでも、ゆっくりと低温で抽出するとよりおいしいものができるとよく言われますが、実際にはとても手間がかかりますよね。そのイメージをもっていただけるとわかりやすいのではないかと思います。

そのように工夫されたショウガ葉酸だからこそ、一粒で最大限身体を温める力をもったサプリメントになっています。

 

必要なときに必要な分を摂れる葉酸サプリ

一般的な葉酸サプリは妊活期、妊娠中とずっと同じものを同じ量摂り続けますが、ショウガ葉酸は違います。妊活時期と妊娠中期から後期で分かれているのです。

それはなぜかというと、妊活で必要になる栄養と、妊娠中、それも初期中期後期と必要になる栄養の分量が違うために分けられたのです。具体的には、妊活期の葉酸摂取量は400㎍、妊娠中期から後期にかけては240㎍が厚生労働省の推奨する摂取量となっています。そして、このショウガ葉酸はその推奨量に合わせて配合量を減らしているのです。

葉酸は取りすぎると赤ちゃんがぜんそくになる可能性が高くなったり、お母さんの悪性貧血の発見を妨げになる、直腸ガンになるリスクが高くなるなどの問題が起こる可能性があるとされています。葉酸は不足しても摂りすぎてもいけないのです。

多くの葉酸サプリでは継続契約やまとめて購入することによって割引率が高くなるようなシステムをとっているところが多いのですが、妊活はいつ終わるか自分にもわかりません。念願叶って赤ちゃんがおなかにきてくれたときに妊活期と同じ量を取り続けていると、残念なことに葉酸の摂取過多となり赤ちゃんにとっても自分にとってもリスクを背負うことになるのです。

ショウガ葉酸は購入の際に購入者のお話を伺います。購入時に妊活中であれば、まず前期用をお届けします。妊娠したとご連絡があれば、妊娠中期に入るタイミングの妊娠5か月以降からから後期用をお届けいたします。

また、葉酸以外の栄養でも成分の量を調整しています。たとえば、妊活は鉄分やビタミンCはさほど重要度が高くありませんが、妊娠中期から後期になると必要となります。妊娠性の貧血になるお母さんは多く、病院で鉄剤を処方される方も多いのですが、鉄剤だけを摂取すると便秘になりやすくなります。妊娠中期から便秘や痔のリスクが高まるのはこのことも原因の一つです。ショウガ葉酸では必要な時期に必要な栄養素を必要な分だけ摂れるよう計算されているので、より妊娠に近づける妊活を行え、その後より健康的な妊婦生活を送ることができるのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

なんといっても続けやすいショウガ葉酸

世の中に葉酸サプリは多くの種類がありますが、味に癖があったり何錠も飲まないといけなかったり、必要とはわかっていてもなかなか続けられない…となりがちです。葉酸の効果は体調面で実感するようなものではないことも原因の一つかと思います。

その点ショウガ葉酸チュアブルタイプで11粒で済むので、手軽に続けられることができます。そして葉酸以外にもショウガオールの力で身体を温めるので、効いている実感を感じることができ、自然と続けようという気持ちになります。

妊娠しやすい身体づくりのためにも、おなかにいる赤ちゃんのためにも、1粒で必要な栄養を必要な分だけ摂取できるショウガ葉酸、ぜひ始めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました