ショウガ葉酸が温活に適しているのはショウガオール配合だから

未分類

温活を考えた時まず、食べ物は身体が温まる物の摂るようにするのが大切です。身体を温める食べ物については、昔から色々な物が伝わってきました。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

昔から伝わる自然の恵みを現代の知恵で利用する

当然といえば当然なのですが、昔から伝えられてきた物は、自然の中にあるものばかりです。妊活サプリの中には化学物質の物もありますが、妊活で使用すると考えると、やはり自然の物のほうが安心できます。そして、私たちがそんな中から目を付けたがショウガでした。

昔から体を温める効果があると言われてきたショウガですが、現在、そのショウガの成分はきちんと解明され、どう身体に作用するかもしっかりわかっています。

ショウガが体を温める方法は2通りあります。なぜ2通りかというと、ショウガには体を温める成分が2種類含まれているからです。その成分は、ショウガオールとジンゲロールと言います。この2種類は身体を温める時の方法がそれぞれ違います。

ジンゲロールと言うのは、血行促進の作用があり手や足が冷えている場合、身体の中心にある熱を手や足の末端にまで運び温める効果があるので、末端の冷えにはもってこいです。しかし、身体の中心から熱を運ぶため、内臓を冷やしてしまう恐れもあります。

もう一つのショウガオールは、胃や心臓に働きかけて、内臓に熱を生み出し身体を深部から温める効果がありますですから冷えにはとても効果的で、お腹を冷えから守るので妊活には非常に有効だと言えます。

つまり、ショウガの成分を温活に当てはめて、妊活を考えるならばショウガオールのほうがジンゲロールより適しているのです。

ですから、このショウガオールをサプリメントには多く含ませたいわけですが、実はショウガオールはとても壊れやすい成分だったりします。つまり、良質なショウガオールを壊さずにたくさんサプリに含ませるのは、非常に難しい事でした。

ショウガオールを壊さずに抽出するためには、熱を加える必要があります。ですから勿論、このショウガ葉酸を作るうえでも、熱を加えてショウガオールを取り出したわけですが、ショウガ葉酸では蒸しショウガ製法と呼ばれる方法を採用しました。これは、低温でじっくりとショウガオールを抽出する方法で、非常に労力はかかりますが、とても良質なショウガオールを生み出すことができます。つまりこのショウガ葉酸はショウガオールをとても丁寧に抽出し、配合しているのです。

しかも、このショウガ葉酸を作るに辺り、『少しでもショウガオールの成分が多いショウガを使いたい!』と、ショウガを探し回り、たどり着いたのが高知県産の「黄金(こがね)ショウガ」でした。

こうして1粒に少しでも多くのショウガオールを詰め込むために、ショウガを選び抜き、抽出方法に手間ひまをかけ、どうしたらいいのかを考え抜いて仕上がったのが、このショウガ葉酸なのです。

つまり、このショウガ葉酸は、温活に非常に効果があるように作りあげられているのです。

葉酸の過剰摂取を防ぐ葉酸サプリ

妊活に葉酸がいいという事はなんとなくご存知かと思いますが、実は妊活から妊娠、出産にかけての間で必要とする栄養素の量は、それぞれ変わってくることはご存知ですか?ほかのサプリとショウガ葉酸の大きな違いは、きちんとその必要な栄養素が変わる事を把握し、妊活時~妊娠中期までと、妊娠中期からから後期に分けて2種類のサプリメントに分けたことです。

そうすることで、それぞれの時期で必要な栄養素や葉酸が足りなかったり多すぎたりする事を防ぐことができます。この2のショウガ葉酸のおかげでその時に必要な最適の量の成分を摂ることができるのです。

では、ショウガ葉酸2にはどんな違いがあるのか?というと、一番の違いは葉酸の入っているになります。

実は、葉酸など妊活中、妊娠時に必要とされる栄養素の量は、どれも厚生労働省が推奨摂取量という目安になる量を発表しています。それを細かく書き出すと、葉酸の場合は、妊活中~妊娠初期は400mg妊娠中期後期の時期は240mgとされていて、ショウガ葉酸はその量に合わせて葉酸を配合しているのです。つまり、中期~後期にかけてのサプリメントは、前期のショウガ葉酸と比べて、葉酸の量を減らしているのです

ではそもそも、『妊活中や妊娠時に摂ればいい。と言われる葉酸に、推奨摂取量が存在するのはなぜなのか?』というと、実は葉酸も過剰摂取すると、支障が出る事があると言われているからです。

その支障の一つの例を挙げるなら、葉酸の過剰摂取すると、赤ちゃんが喘息になる可能性がある。という事です。オーストラリアの研究論文英語の資料:http://aje.oxfordjournals.org/content/early/2009/10/30/aje.kwp315.full.pdf+html

しかも影響は赤ちゃんだけでなくお母さんへも出ると言われています。それが、悪性貧血の発見を困難にする事や、直腸ガンのリスクが上げる事です。

(出典先:https://ec.europa.eu/food/sites/food/files/safety/docs/sci-com_scf_out80e_en.pdf

そう、葉酸もとりあえず摂ればいい。という物ではないのです。ただ、葉酸の過剰摂取の危険性を訴える記事があるのも確かですが、基本的には葉酸はやはり妊活には欠かせない成分です。つまりは、他の薬などと同じで、摂りすぎなければいいわけです。そこでショウガ葉酸は葉酸の過剰摂取を防ぐために購入者の方の状態に合わせてサプリメントをお届けする仕組みを作りました

こういう仕組みはまだ、大手と言われるメーカーでもありません。購入者さんの事を一番に考え抜いてできた仕組みになります。

他の色々なメーカーの場合、サプリを継続して買う事を勧められますが、もしも、購入決定後すぐに赤ちゃんができた場合同じサプリを使用し続けたら、葉酸の過剰摂取になる可能性がおおきくなります。

それをなんとか防ぎたい。と考えた結果、ショウガ葉酸は購入を決定された際、購入者様現在の状態をお聞きすることにしました

たとえば、購入を決めた時期がまだ妊活中ならば、始めは妊活中~妊娠4か月までの「ショウガ葉酸(前期)」をお届けしますそれから、妊娠が確定した事をお伝え頂けましたら、そのタイミングから計算して、妊娠中期になった頃から後期用のショウガ葉酸送らせて頂きます

購入時に状況をお伺いするからこそ、こちらで切り替えの時期をきちんと把握して、「ショウガ葉酸(後期)」妊娠5ヶ月から自動的にお届けできるのです。ですから、葉酸の過剰摂取などを一切心配する必要がありません。

さて、ここまでは葉酸について主にお話ししましたが、葉酸の他の栄養素でも、サプリへの配分量はきちんと考えられています。1例を言えば鉄分やビタミンCです。妊活中に鉄分やビタミンCはあまり必要とされませんが、妊娠中期から後期には、とても重要なものになりますので、たくさん摂取することを勧められます。

葉酸の過剰摂取や妊娠の時期によって摂るべき栄養素が違う事は、これまであまり重要視されていなかったように思います。しかし、そこに注目し、その課題をクリアしたのが、このショウガ葉酸なのです

 

ショウガ葉酸のみんなの声

皆の声と言っても、実はショウガ葉酸の口コミはそれほどまだありません。発売開始からそこまで時間がたっていないからです。しかしそれでも、ショウガ葉酸を利用したお客様からのご意見はいくつかきています。

今まで使用していたものは錠剤だったのですが、粒を何個も飲まなければいけなかったので、チュアブルタイプで1だけでいいのは、とても楽に思えました。冷え性なのが悩みだったので、温活も同時にできるのはとても良かったです。それぞれの時期で必要な栄養素を考えてくれていて、成分過剰摂取などの不安もなく、ショウガ葉酸自体が好みのだったので、続かないかも。という不安もありませんでした。

ショウガ配合されているサプリはあまりなく、身体もとても温まるので気に入っています。1粒で必要な栄養素が摂取できるのも魅力で、ショウガ葉酸を選んだポイントでした。勿論今後も続けていきます。

初めて口にしたときの感想は、お菓子みたいだ。でした。ショウガ葉酸の前にも葉酸のアプリを使用していたのですが、それはどちらかというと、薬のような味だったからです。回数も、朝に1粒飲めばOKなので、飲み忘れの心配がなくて安心です。

そこまでショウガの味が主張していないので、水分がなくても食べる事ができるのも助かっています。

以上3の方のお話をまとめると、まず、11で済むという所に利点を感じられているようです。実は、大抵の葉酸サプリは、13錠で、1粒事態が大きかったりします。必要だから飲まなければ!と思っても、やはり、飲みやすい方がいいに決まっていますし、同じ効果が得られるとするならなおさらです。チュアブルタイプで味が他の物と比べると良いという所も大きいようです。やはり使用されたご本人たちのお話で、飲みやすさの事などを聞けると、参考になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました