葉酸の取り過ぎは危険!葉酸の量を自動で調整しお届けするショウガ葉酸

ショウガ葉酸とは?

ショウガ葉酸の秘密はその特徴的なシステムにあります。実は妊活時に摂る葉酸は、妊娠中期と後期で内容を変えなければなりません。ショウガ葉酸は、その時期により配送する葉酸の種類を自動で切り替えてくれるのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

葉酸の取り方には注意が必要!

葉酸の摂りかたが前期と後期で変わるのは、妊活時と妊娠時では体に大きな違いがあるためなのです。そのため時期によって、必要な栄養素の分量がは当然変わってきます。

そこで2種類に分けることで、時期に合わせた適切な栄養素を摂ることができるのです。その2種類の最大の違いは葉酸の配合量です。

妊娠時の葉酸の摂取量については、厚生労働省が示す推奨量が決あります。その量は、妊活期が400μg、妊娠中期から後期にかけては240μgとされ、妊娠時は妊活時に比べ、半分近い量となっています。

ショウガ葉酸は、こうした推奨摂取量に合わせて葉酸が配合されている点で安心感があります。

なぜ葉酸の取る量に違いがあるのでしょうか?

妊娠中期から後期での葉酸の取り過ぎは、胎児に影響があるとされているのです。

その最も大きなリスクとしては、生まれてくる子供が喘息になるリスクがあります。

子供が喘息になるリスクについて

英語ですが、リンク先のオーストラリアの研究論文には、母体に対しても「悪性貧血の発見を困難にする」ことや「直腸癌のリスク増加」のような問題がについて指摘しています。

(出典先:https://ec.europa.eu/food/sites/food/files/safety/docs/sci-com_scf_out80e_en.pdf)

このように、葉酸の取りすぎは問題視されているのです。

 

ショウガ葉酸は取りすぎないようにするシステム

葉酸の取りすぎを危険だというと、不安になるかもしれません。ですがその対策はとても単純で、葉酸を取り過ぎなければ良いのです。

しかし多くの通販の葉酸サプリは、時期によってその内容は分けられていません。継続購入するとただ単に同じ商品が延々と届くだけです。

その上、摂取する女性も推奨摂取量があってそれをハッキリと理解していないという問題もあります。

ショウガ葉酸はそんな状況がある中、利用者状況に合わせて葉酸サプリの配送ができるシステムにしたのです。

たとえばショウガ葉酸を購入する時に、妊活中から妊娠4ヶ月であれば前期用の葉酸が配合されている商品を届けてくれます。

その後、妊娠したというご連絡いただけば、妊娠中期から後期にかけての葉酸が調整された「後期」タイプの商品をお届けします。

切り替え時期の面倒な手続きはなく、購入時に状況を入力していただくことと、継続中に妊娠した際に週数をご連絡いただければ、メーカー側での自動切り替えとなります。

ショウガ葉酸は、葉酸だけでなく他の栄養素も前期後期によって配合量を変えています。

たとえば、妊活中は鉄分やビタミンCは通常量ですが、妊娠中期から後期は血液が多く必要となるので、鉄分もビタミンCも配合量を増やしています。

葉酸だけでなく、その他の変化にも適応しているところが、ショウガ葉酸の大きなメリットです。

これまで対応されていなかった、時期による栄養素や葉酸の量の調節に対応した、ショウガ葉酸は本当に女性に寄り添ったサプリだと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました