妊活と温活 ショウガ葉酸はダブルでお得!

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

ショウガ葉酸は妊活にも温活にもお勧め。

から、赤ちゃんを宿すためには、身体にとって冷えが大敵だと考えられてきました。そしてそれは、今でも変わっていません現在では温活という言葉さえできて、妊娠には温活がとても重要だと考えられています。

つまり温活は妊活の大きなポイントになるのです。ちなみに、温活とは自分で意識して、日々身体を冷やさないように温める事をいいます。そして、ショウガ葉酸は温活に焦点を当てて開発したのです

身体を温める成分としてチョイスしたのは、ショウガオールです。ショウガというと、どれも同じかのように思いますが、実は生のショウガは手や足を温めるために、身体内部の熱を分散させる要素が入っているのです。ですから、妊活に向くとは言い難いため、ショウガ粉末にして、身体の中心を温めるショウガオールを配合しました

温活の実際の目的には、血の流れを良くする。という事があります。身体の血行が良いという事は、健やかに生活を送るための基本になります。それは妊活や妊娠にとっても同じで、とても重要なポイントになるのです。

つまり、温活の事も考えて開発されたショウガ葉酸は、妊娠の本質を考えて作られたという事になります。

葉酸の過剰摂取と温活の事を考えたショウガ葉酸

ショウガ葉酸は、妊娠を真剣に考えている方や、妊娠をして日々を暮らす方に、なるべく不安なく過ごしてもらうためには何が大切なのかという、基本的なことを深く追及した上で作り上げられました。

ですから、妊活から妊娠中に絶対的に必要とされる葉酸の事を再度精査し、厚生労働省が推奨するとおり、妊活から妊娠4か月までの始めの頃に飲んでもらうサプリと、妊娠4か月以降に飲むサプリをそれぞれ作りました。そしてベストな内容量をベスト時期に摂っていただくために購入者の状態を理解したうえで配送する。というシステムを作りあげたのです

この開発時には葉酸だけではなく、妊活、妊娠時には他に何が大切なのか。他にも大切なものがないか?という事を常に意識し、様々な角度で妊娠について考えました。そしてその答えとして出た結果が「温活」だったのです。

こうして誕生した「ショウガ葉酸」は、過剰摂取することなくちゃんとした量で葉酸を摂取できて、妊活で重要になる「温活」の事も考えられる。一石二鳥で、妊活から妊娠の間、ずっと安心していられる葉酸サプリとなったのです。

ショウガ葉酸は奇をてらって、他とは違う妊活サプリを作り出そうと言う考えで、作られたものではありません。赤ちゃんが無事におなかに宿り育っていくにはどうしたらいいのか?という「問い」を何より中心に考えて試行錯誤した結果。作り上げられたのがショウガ葉酸なのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

葉酸サプリを取り過ぎない事が、実は大切なんです。

赤ちゃんを待ち望む女性なら周知の事実かもしれませんが妊活の際には葉酸がとても大切であるという事は厚生労働省も、認めています

では、葉酸にはどういった効き目や機能があるのでしょうか?よく目や耳にするのは、「神経管閉鎖障害」になる危険度をだいぶ減少させることができるという事ですこれは厚生労働省のサイトに書かれているのでよく聞かれるのだと思います。

ちなみに、葉酸が実際に体内で果たすべき仕事は血が体で生成される際に補助する事と、DNA掛け合わせ、細胞分裂を補助する事になります

この働きは、胎児がお腹の中で成長していく過程で重要な役割りを果たします胎児に必要な栄養素や酸素を運搬するのが血液ですし、何より、肉体や内臓を各々作り出していくのが細胞分裂になります。

しかし葉酸は、いつもの食事だけで1日に必要な葉酸の量を取ろう思うとどうしても難しいです。ですから、補助としてサプリメントを使用する事が勧められていますそして、葉酸を取る補助役のサプリメントとして、このショウガ葉酸も作られたのです

世間に出回る情報の断片だけを見ると、「妊活の時は差し当たりに葉酸を取っていれば問題ないのね。」思いがちですがそれは少し違います。

妊娠をしている時や妊活の時などは、[葉酸が多く必要とされる時期である]と公の場でも認知され、当然のように言われているいますが、過剰摂取は禁物なのです。

それは、葉酸だけでなくどんなものでもそうですが、必要以上の過剰摂取は、危険が伴ったり、副作用が起きてしまったりするのです。勿論、すでに一般的な知識となっている葉酸もそこには含まれてきます

私たちは、こんなにも世間一般で当たり前とされる葉酸の知識にも落とし穴があるのだ。という認識を皆さんに持ってもらい、その危険を避けるために作られたのがショウガ葉酸であるという事を知ってほしいのです。

どの時期まで葉酸サプリは飲むべき

妊娠において葉酸サプリが極めて大切であることや、妊娠の始めと妊娠後期では、飲むべき量も変わってくることはご理解いただけたかと思います。

では、葉酸サプリを飲むべき時期はいつまでなのでしょうか?「サプリの量を移行するタイミングや、いつ頃終わりにするのかを、私が決めてしまって大丈夫なの?」と思っちゃいますよね?

そこで、妊活中〜妊娠4ヶ月までの物と、妊娠4ヶ月以降に飲むもの。ショウガ葉酸はきちんと前期後期に分けて準備しました。

妊活中〜妊娠4ヶ月まで飲むものには400葉酸が入っていますそれ以降に飲むものには、240の葉酸をいれましたこれはきちんと厚生労働省が勧める規定を守った配分になっています。

そして、ショウガ葉酸の量を変えるべき時期を業者側の方できちんと管理してくれていています

(ショウガ葉酸を買われる事前に、状態などを伺います。) ですから利用者が、わざわざ業者にコンタクトを取ることなく、業者の方が必要なタイミングで葉酸の量を変えた品物に変えてお届けします。そのため、妊娠か月の頃に利用者の手に届く葉酸はすでに妊娠後期に飲むべきショウガ葉酸に変更されています。

ちなみに、厚生労働省は葉酸のことについてだけでなく、鉄分の量についてなども必要とされる量の基準をだしています。これもやはり、妊娠の始めの頃と、妊娠の後期だとその量が変わり、その差は2倍にもなります。ですから、その基準に沿って、ショウガ葉酸は後期のものを2倍にしています。他に配合されている栄養素も、それに沿った量で考えられています。ただ、食品から摂取しやすい栄養素に関しては、それを取りすぎないようにするために、入っている量が基準よりも少ない量になっています。

なんで身体を冷やすのはよくないの?温活と妊活を知ろう!

妊活にとって、温活が切っても切れない関係なのは、すでにご存じかもしれませんが、では、なぜそんなにも温活が妊活に影響を及ぼすのかを、ここではお話しようと思います。

まず、そもそも温活とはどんなものかご存知ですか?温活とは、極簡単に言えば、『身体を冷やさない様に、日々身体を温める意識をして生活をする事』をいいます。

冷えはよく聞く言葉ですが、実は身体にとって多くの支障をきたす原因にもなります。とりわけ妊活に置いては、悪影響をおよぼやすいです。そんな冷えから身体を守るのがを温活の効果なのです。

さて、では冷えの悪影響とは、実際にどんな症状を身体におこすのでしょうか?よく聞かれるのは便秘や下痢です。身体が冷えると、小腸、大腸など内臓の動きが悪くなる原因となるため、便秘や下痢に直結します。

ではなぜ体が冷えると内臓の動きなどが悪くなるのでしょうか?それは、体が冷える事によって血行不良を引き起こすからです。人にとって血液の流れとはそれだけ大切なものなのです。

血行不良によって引き起こされる症状は他にも色々ありますが、肌荒れもその1つです。ターンオーバーのサイクルが血行不良のために乱れることで、細胞が衰えるてしまい肌荒れを引き起こすのです。

では、こと妊活に置いての一番問題になってくる影響は?と言うと、『生理や排卵などへの影響』と言えるでしょう。生理や排卵は、非常にたくさんの血液が必要とされるため、血行不良の状態が続くと、大きな支障をきたす場合があるのです。

そのためか、温活などと言われ始めたのはここ最近ですが、女性が『身体を冷やしてはいけない…ということは昔からずっと言われてきました。

の女性からしたら、出産は人生においての最大の仕事とも言えたと思います。その仕事において「冷え」は天敵と言える相手だと理解していたのでしょう。

今の女性にとって、出産が人生においての最大の仕事か?と聞かれると、そうとは思わない方も多いかもしれませんが、妊活において「冷え」が妊娠の点滴であることは昔から変わりないのです

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする